DORA麻雀のサンマの北抜きルール

サンマの北抜きルールとは?

個人的にはサンマはやらないのだが、DORA麻雀では4人麻雀よりもサンマのほうが人気があるらしく毎晩卓で賑わっているのがサンマなのだ。おそらく賭け麻雀だからサンマの方が回転が早く金が大きく動くというのが理由だと思う。その中で、「北抜き」というルールがあるのでご紹介したい。「花牌」を知っている人なら直感的にルールがわかるだろう。

 

北抜きというルールは、手配に「北」を持っていた場合に「北抜き」と宣言することで、「北」を手牌から晒して卓の右側に寄せ、王牌から1枚ツモってくる。この北抜きを行った北はドラ扱いとなり1翻アップになる。

 

手元に「北」が3枚あれば北抜きを3回行えばドラ3になる。さらにドラ表示牌が「西」だった場合はダブルカウントになるので1回の北抜きでドラ2になる。3枚あればドラ6になってしまう。この場合、手元にあった北のアンコはアンコとしての価値がなくなってしまうので、また1メンツ作りなおさないといけないのでシャンテン数が落ちる。

 

これがざっくりとしたルールの概要になる。

 

さて、この北抜きには場面場面で細かいルールがあるのでそちらの方も紹介しておきたい。

 

北抜きした「北」は手の中のコーツやトイツとして使うことはできない。北をコーツやトイツとして使いたかった場合は北抜きをしてはいけないことになる。つまり大四喜を狙ってる時は北抜きをしてはいけないのだ!!

 

自分も1度失敗したのだが、ポン後の北抜きはできない。自分のツモ順のときのみとなるのでこれは注意しておこう。

 

相手に北抜きされた場合、その北で待つこと上がることができる。この場合、北はドラとして1翻アップになる。(ポンはできない)

 

戦略上の北抜きを使うか、単純にドラとして使うか

個人的にはドラとして使ったほうがいいだろうと思う。なにせ1枚北があって北抜きしただけで点数が倍になるのだから。北抜きしないのはそれをアンコとして使いたい場合。四暗刻を狙ってるときはわざわざシャンテン数を落としてまで北抜きをするのは勿体無いといえる。